ゆとりーとライン

文字サイズ
拡大
標準

よくある質問

ガイドウェイバスのしくみ

事業計画の背景と整備目的

名古屋市北東部に位置する守山区は、縦に細長い地域であり、その最も北にある志段味地区は、竜泉寺街道を軸に北側を庄内川、南側を小幡緑地や森林公園などの丘陵地に囲まれる、大変自然に恵まれた地域です。しかしその反面、道路交通は、その地形的な制約もあって、都心方面への交通混雑の激しい地区のひとつとなっていました。
一方、志段味地区においては、土地区画整理事業による良好な宅地開発を進め、人間性豊かな活気と魅力に満ちた新しいまちづくりが「志段味ヒューマン・サイエンス・タウン」構想として、着々と整備されてきていました。

そこで、この開発により新たに発生する交通需要に対応し、都心方面への道路交通の混雑を緩和するためにも、新たな交通システムを整備することが課題となっていました。そうした中、平成4年1月の運輸政策審議会答申第12号において、志段味線が中量軌道系の交通システムとして平成20年までに整備することが適当である路線として位置づけられました。

これを受けて、これらの課題に対応できる新しい交通システムとして、世界ではドイツやオーストラリアで実用化されていますが、日本では初めてとなる「ガイドウェイバスシステム」を、志段味線に導入することになりました。

ガイドウェイバス

開業までの歩み

昭和60(1985)年3月
建設省、ガイドウェイバスの開発着手
昭和61(1986)年度
名古屋市、ガイドウェイバス導入について検討開始
昭和63(1988)年2月
名古屋市基幹公共交通網調査委員会答申
(志段味線、鉄軌道系の整備路線に位置づけ)
平成2(1990)年6月
志段味線事業採択(建設省補助事業としての採択)
平成4(1992)年1月
運輸政策審議会答申
(中量軌道系の交通システムとして整備することが適当と位置づけ)
平成6(1994)年4月
「名古屋ガイドウェイバス株式会社」設立
平成6(1994)年9月
特殊街路9・7・1号ガイドウェイバス専用道志段味線の都市計画決定
平成6(1994)年10月
軌道法に基づく特許の取得
平成6(1994)年11月
都市高速鉄道ガイドウェイバス志段味線の都市計画決定
平成7(1995)年5月
都市計画法に基づく事業認可
平成8(1996)年1月
軌道法に基づく工事施工認可・工事着手
平成11(1999)年9月
車両設計認可
平成12(2000)年11月
志段味線の愛称、一般公募により「ゆとりーとライン」に決定
平成13(2001)年3月
運賃認可(中部運輸局長)、運輸開始認可(愛知県知事)、3月23日開業

システムの特性

鉄道+バスの利点を生かす
大曽根駅

大曽根駅

ゆとりーとラインは、鉄道とバスの利点を組み合わせたシステムです。
道路の中央分離帯上に設けた高架専用軌道を、車両の前後輪に取り付けた案内装置の誘導で走り、さらに平面の一般道路も同一車両で連続して走行できる特性(デュアルモード)を備えています。
高架専用軌道上を「定時・高速」走行
高架専用軌道

高架専用軌道

交通渋滞する区間では、高架専用軌道を走行します。
交差点や踏切等がないので、朝夕のラッシュ時でも鉄道と同じようにダイヤどおりの定時・高速運行が可能です。
車体の「案内装置」で安全・快適運転
前部案内装置

前部案内装置

高架専用軌道では、車両の前輪と連動する案内装置がレールの内側を正確にトレースするのでハンドル操作は不要です。
「デュアルモード」で一般道路での走行も可能
高架専用軌道を走行

高架専用軌道を走行

ガイドウェイバスは、高架専用軌道から一般道路を連続して走行します。モード切換えは、案内装置の出し入れだけの短時間で完了します。乗り換えの煩わしさもなく、一般道路では路線バスとして運行できます。
また、沿線の開発による道路混雑の度合いに応じて、徐々に高架専用軌道の区間を延伸していく段階的な整備も行えます。
バスと新交通システムの「中間の需要」に対応
大曽根駅側線の車両

大曽根駅側線の車両

ガイドウェイバスシステムは、地下鉄などの鉄道や“リニモ”などの新交通システムを敷設すると採算が合わないが、一般のバスでは輸送力が不十分という中間の交通需要に対応します。

安全管理

運転指令室
運転指令室

運転指令室

ゆとりーとラインの最大の特性である定時性と安全性を支える運行管理を行います。各駅のホーム状況やガイドウェイバスの運行状況などを一元的に管理しています。職員や乗務員などスタッフの安全意識の徹底によって、万全の安全の確保に努めています。
異常発生時や天候、災害による危機管理についても、即座に適切な指示や対応が図れるよう日頃から備えながら業務を行っています。
モードインターチェンジシステム
モードインターチェンジ

モードインターチェンジ

案内輪の伸張と専用無線の稼動などでモードチェンジを行います。 また、遮断機を設け、車両および乗務員のIDを確認して遮断機を開閉するシステムにより、一般車両の進入を防ぎます。
通信システム
高架専用軌道を安全走行

高架専用軌道を安全走行

非常時などの運転指令から軌道上の車両、駅・プラットホームへの緊急連絡は、車両とは無線装置で行い、駅へは非常用電話や放送装置で行います。
運行監視システム
運行監視システム

運行監視システム

軌道区間の車両の走行位置、各駅の発車状況などをGPSを使って常時把握しディスプレイに表示します。車両相互の異常接近に対しては、警告音と表示灯で知らせます。
接近案内表示システム
接近案内表示

接近案内表示

各駅ホームのお客さまへの車両の接近情報として、前駅、前々駅の発車情報などを表示するとともに、音声案内を行います。大曽根駅では行き先ごとに発車案内表示をします。
駅監視システム
設備監視システム

駅監視システム

運転指令室では、全駅のホーム・コンコース・エレベーターの状況をモニターに表示し、その他の機器の状況を表示や警告音で知らせます。大曽根駅では自駅、ナゴヤドーム前矢田駅、砂田橋駅の状況をモニターに表示します。
地震・風速監視システム
地震計・風速計

地震計・風速計

管理センターに設置した地震計、矢田川と名二環上空に設置した風速計によって常時観測データが表示され、運転に阻害を及ぼす危険震度、危険風速を警告音で知らせます。
保守点検整備
点検整備作業

点検整備作業

ガイドウェイバスの車両検査や点検整備など、法律に定められた諸検査を徹底した管理体制のもと行っています。また、高架専用軌道についても案内レール、伝送線などの入念なチェックやメンテナンス作業を行い、信頼性の高い安全・安心輸送の提供を心がけています。

大曽根〜小幡緑地間は、高架専用軌道を最高速度60㎞/hで運行しています。
高架からの見晴らしも良く、市内や岐阜・長野の山々まで見渡すことができます。
車窓からの眺めをご覧ください。

環境設備

利便性を高めるきめ細かな設備と環境
大曽根駅構内

大曽根駅構内

ゆとりーとラインは、高架専用軌道上の起点となる大曽根から小幡緑地までの間に9駅を設置し、車両が乗り入れるホームは相対式を採用しています。ホームや階段、通路などには、お客さまの利便性を考慮して屋根を設けています。
駅の構造
金屋駅

金屋駅

大曽根駅から金屋駅の5駅は、コンコース階を有するニ層式。川宮駅から小幡緑地駅の4駅は、ホーム階のみの一層式です。
また、各駅には高齢者や身体障害者に配慮したエスカレーター、エレベーターを設置するなど、快適な環境づくりを重視しています。
エスカレーター
エスカレーター

エスカレーター

ホームやコンコースへの昇降をスムーズにするエスカレーターを設置しています。
エレベーター
エレベーター

エレベーター

ホームやコンコースへの昇降負担を軽減するエレベーターを設置しています。エレベーター内に監視カメラを設置し、安心して利用いただけるよう工夫しています。
案内表示
駅構内のサイン

駅構内のサイン

ガイドウェイバスの行先や接近表示は、電光板と音声で随時お知らせします。駅構内のサイン表示も見やすさとわかりやすさを考慮しています。
点字ブロック・点字表示
点字表示

点字表示

駅構内やホームには、目の不自由な方々の安全な誘導を図るため、床面に点字ブロックを配するほか、手すりなどには点字表示をしています。
車椅子対応
リフト機能付車両

リフト機能付車両

車椅子を利用されている方のために、駅舎内の段差の解消、マルチブーストイレ(一部駅)などを設けています。また全車両に車椅子をスムーズに乗降させるリフト機能を装備しています。
車内環境
車内風景

車内風景

デザインされた内装をはじめ、居住性と快適性の向上に努めた車内は清潔性を保ち、振動の少ない乗り心地です。また、窓ガラスも大きく開放感あふれる車内環境です。

路線案内

ゆとりーとライン路線案内

  1. Y
    01
    大曽根Ozone
    • 地下鉄
    • JR
    • 名鉄

    2分

  2. Y
    02
    ナゴヤドーム前矢田Nagoya Dome-mae Yada
    • 地下鉄

    1分

  3. Y
    03
    砂田橋Sunada-bashi
    • 地下鉄

    2分

  4. Y
    04
    守山Moriyama

    1分

  5. Y
    05
    金屋Kanaya

    2分

  6. Y
    06
    川宮Kawamiya

    2分

  7. Y
    07
    川村Kawamura

    1分

  8. Y
    08
    白沢渓谷Shirasawa Keikoku

    2分

  9. Y
    09
    小幡緑地Obata Ryokuchi
ゆとりーとライン
ゆとりーとライン
ゆとりーとライン

ページトップ